頼むことで

離婚の問題は2人だけで解決することが難しい問題なので、専門的な知識がある弁護士に相談すると円満に解決できるのです。そのときの詳しい対処法について確認しましょう。

もっと知ろう

着手金について

法律的なことはプロにお任せ!債務整理相談を承ってくれる会社が多くあるので、会社を選んで良い企業を利用しましょう。

離婚の話し合いでの取り決めの問題

離婚の際に弁護士を挟まず夫婦だけで協議して離婚する夫婦も相変わらずいます。しかしその時にはうまく処理できたようにみえても、実は後から問題が噴出してしまいさらに事態がこじれてしまう場合があります。 とくに公正証書にしていない口頭だけの取り決めでは、お互いの再婚で環境が変わった時や養育費の支払いが滞った時に金銭的なトラブルに発展しがちです。 弁護士はそういった問題が出たときに、30分5千円程度の金額で簡単な法律相談を受け付けてくれています。時間内であればどんな質問でも答えてもらえるので、問題になるべく費用をかけたくない人にはお勧めの方法です。 さらにこの後正式に依頼にいたった場合は、着手金をまず支払ってから弁護士に動いてもらうことになります。依頼成立後はこの着手金が戻ってくることはありませんので、くれぐれもよく考えてから弁護士を選定するようにしましょう。

弁護士の仕事は平和的解決

離婚問題を弁護士に依頼することを決めても、そこですべて問題解決して終了というわけではありません。依頼後も何度も弁護士と離婚の件についての面談がありますし、必要なら書類や通帳などを用意して提出する作業も残っています。 また弁護士を通したからといって、何事も百パーセント依頼人の思う通りに進むわけではないことは理解しておくべきでしょう。弁護士はあくまでも調停役であり、問題をいかにスムーズに解決するかが仕事になります。 離婚問題の解決のためとはいえ、後々の遺恨が残るような解決法は弁護士の好むところではありません。あくまで平和的に、双方に納得のいく形で決着をつけるのが弁護士のとるべき最善の道と考えるべきでしょう。

依頼する前に

会社経営でどうしたら良いのかわからなくなった場合に頼れる味方として弁護士が存在します。相談する前には、まず弁護士がどのような仕事をしている人なのかをしっかり確認してからにしましょう。

もっと知ろう

手続きの方法

会社を設立する場合や会社清算をするときには、正しい手続きを行っておく必要があります。その場合にどんな対処法が必要なのかわからないのであれば、専門家である弁護士を頼ってみると良いのです。

もっと知ろう